FC2ブログ

ニームの事業植林-28

ニームの事業植林-28

林野庁の資料では
森林吸収量は以下の計算方法を使って推定しています。
吸収量(炭素トン/年)=幹の体積の増加量(m3/年)×容積密度(トン/m3)×拡大係数×炭素含有率
日本の森林は2,500万haもの広大な面積を有しており、どれだけの二酸化炭素を吸収・蓄積しているかを直接調べることは困難です。
幹の体積(幹材積と言います)も全国の森林すべてを直接調べることはできないので、樹木の種類と林齢がわかれば平均的な幹材積を調べることができる「収穫表」を利用して計算しています。
林野庁では
全国のすべての森林は、樹木の種類、林齢、面積などの基礎情報がデータベース化されています。
スポンサーサイト



プロフィール

neemfarm

Author:neemfarm
自然の恵み  ニーム
ベトナムでアーユルヴェーダ(伝統医療)で知られるニームに出合って9年が経ちました。 ニームで環境と健康に貢献できればと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード